ナチュリストとナチュラリスト

裸族ちゆきのすっぱな生活について

ナチュリストとナチュラリストとでは、微妙な言い回しの違いでも、本質的にはかなりの差がありますよね!
私もヌーディストの一人としてこの記事を読んで、紹介したくなりました。
さすがにすべて自然の中で生活することは出来ないですし、タバコも酒も飲まないのも無理ですからね!!

皆さんもご夫婦でまる1日裸で過ごしてみてはいかがですかね。
家の中なら問題ないですからね。
ただし人前や街中はやめて下さい。それだとヌーディストでは無くて露出(犯罪)になりますので!!

ついでにここで紹介する本は日本国内でヌーディストのクラブハウスまで運営している方が
書いた本です。参考までに!

ヌードライフへの招待―心とからだの解放のために


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
かわいい

この記事へのコメント

ちゆき
2005年02月06日 19:34
ちゆきと申します。
夫婦で裸、うらやましいですね。
紹介していただいた本読んでみました。
服をきていること、すなわち、鎧を着ていること、すべて、人と人とを隔てているのかもしれません。「裸=隠すものがない」という状態で、人と接したとき、本当に自然になれる自分を発見できるような気がします。

ヌーディスト・ライフ
2005年02月08日 12:58
ちゆきさんコメントありがとうございます。
なかなか奥様とヌードライフが出来ないとブログに書いてありましたが、
混浴の温泉にもご一緒できないのですか?
チャンスがあったら温泉からはじめるといいと思いますよ。
なんと言っても裸が必然ですから!(笑)
ちゆき
2005年02月11日 00:12
混浴だと、大丈夫です。
他に男性がいても平気みたいです。
たしかに、裸でいるのが自然ですからね。
Ritz
2005年05月04日 14:28
リッツと申します。
私も、潜在的ヌーディストなのかなと思うようになりました。風呂場以外の場所で服を脱ぐと、ちょっといい気持ちになります。
社会的制約から、コレと言ったことはできないのが現実ですよね。ちょっぴりヌーディスト的な気持ちになれるのが...ジャージの下にパンツをはかずにジョギングすることです。少しだけ開放感にひたれます。

この記事へのトラックバック

  • ヌーディストという人生

    Excerpt: 普段、マッパでいるちゆきです。温泉とかで裸同士の付き合うと、その人の社会的なバックグラウンドや、身分かとかと関係なく、人と人とで純粋に話ができる気がします。 ヌーディストというと、興味本位で語ら.. Weblog: ちゆきのマッパな生活 racked: 2005-02-07 00:17
  • 「ナチュリストとナチュラリスト」について

    Excerpt: 「ナチュリストとナチュラリスト」について 初めまして。国内でヌーディストの権利獲得のために活動している小野田です。 Weblog: 裸は恥ずべきものではないよ@WebryBlog racked: 2005-04-10 11:05
  • 最近ヌーディストのブログが増えてきましたね。

    Excerpt: 「ヌーディスト・ライフ-ウェブリブログ」に書き込みをしてきました。 Weblog: 裸になりましょう racked: 2005-04-10 11:27