ヌーディスト・ライフ

アクセスカウンタ

zoom RSS 東北の混浴露天風呂巡り-6

<<   作成日時 : 2008/05/14 13:30   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

画像翌日は青森の観光が中心だったので十和田湖周辺を一気に回って温泉には入らず、六ケ所村の友人宅でBBQ&Pキャンをさせてもらいました。
そうあの再処理工場や原燃のある六ケ所村です!
近くには『六ケ所原燃PRセンター』なんていうものがあったりしました?理解できません!
あえてここでは書きませんが一言!
『必要悪と言う言葉はこの世に存在しません・・・!』

画像翌日、六か所村を後にして恐山を目指しむつ市を経由してへ向かいました。
むつ側から恐山に向かう山道の途中に恐山冷水があります。
ブナ林から湧き出た水は不老水と言われ、一口飲めば10年、二口で20年寿命が延びるそうです。
恐山へ向かう前にこの水で手を洗い、口をゆすいでから行くのだそうです。
霊場『恐山菩提寺』の境内には「薬師の湯」「冷抜の湯」が女性用、「古滝の湯」が男性用「花染の湯」が混浴で
4つの秘湯がある。
いずれも酸性が強い硫黄泉のようです。
あくまでここは霊山なので、気の落ちている方や疲れを取るためにお湯に入る事はお勧めしませんよ!。

画像わし達もここに訪れた後、すぐに移動して奥薬研温泉『かっぱの湯』を目指しました。
山道を車で走る事30分!ありました!
お湯はエメラルドグリーンのようにキラキラ輝いてとても綺麗な混浴露天風呂です。
しかしー!思いのほか熱い10分も浸かっていると肌は真っ赤になるほどです^^
でも景色は綺麗でいい雰囲気でした。

唯一!凄くダサイおばさん水着(セパレーツ型の競泳水着)を着て入ってくる女性がいて、なんともマナーが・・・!?
一番嫌がるのは男性達じゃなくて、一緒に入っている女性達なんですよね!ホントに!!
画像この奥薬研温泉には『かっぱの湯』以外に(右写真)の『隠れかっぱの湯』があります。










画像また男女別(右写真)の『夫婦かっぱの湯』の3つのかっぱの湯があります(笑)
このあたりは森全体がとても綺麗で昭和46年3月23日 - 厚生省告示第55号により、国民保養温泉地に指定されています。
一度は行ってみたい温泉の一つだと思います。

続く・・・



Nudist Life

人気ブログランキングクリック(TдT) アリガトウ♪

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文


現在の閲覧者数:
画像
スマホで温泉探しはココ!


混浴風呂のある温泉宿

東北の混浴露天風呂巡り-6 ヌーディスト・ライフ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる