ヌーディスト・ライフ

アクセスカウンタ

zoom RSS 夜遊びスタイルで野湯めぐり!

<<   作成日時 : 2008/10/22 18:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

画像なごりおしい小谷の野湯を後にして、今回初チャレンジの蒲原温泉の野湯を目指して移動しました。
ココ蒲原温泉は1995年に周辺を襲った大洪水と土石流などにより、大きな被害を受けその後復旧されずに野湯になりました。

今回目指す野湯は今も河川工事が行われていて、平日は工事車両がいきかうので立ち入りが禁止されています。

更に山肌は土砂がいまにも崩れてきそうな危険を感じる場所を通り抜けていくしか方法がありません。

そんな場所に、無謀にも夜遊びに出かける格好で歩いている、女性がいるではありませんか!?
私の前をビビる事もなく淡々と歩いています!脱帽(笑)

細心の注意を払いながら、やっとの思いで野湯にたどり着くことができました。

源泉が流れ出ているところは、水面は熱く下は川の水で冷たく、かき回しながら入るしかありません。
更に程よい温度の場所には藻が繁殖していて、女性陣は入るのに躊躇していました。

しかし、そこは野湯です!
せっかくここまで来たのだからと、皆さん次々に全裸になって野湯を堪能しましたよ。

一度入ってしまうと中々体が温まらないので、源泉を混ぜながら入浴すること30分!

お湯は綺麗になるし!

体は温まるし

湯あがりにおにぎり食べて

大満足の野湯です!。

気分も良く帰りはサクサク歩いて帰れましたよ

やはり道のりが分かっていると歩きやすいもんですね(笑)

皆さんお疲れさまでした^^








人気ブログランキングクリック(TдT) アリガトウ♪


なかよくたのしくこんよくおんせん―混浴温泉 全国版
日本出版社
大黒 敬太

ユーザレビュー:
なかよくたのしくこん ...
良くも悪くも。おそら ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ




日帰りできる貸切・混浴温泉500(関東・東日本編)
楽天ブックス
著者:大黒敬太出版社:日本出版社サイズ:単行本ページ数:148p発行年月:2006年06月この著者の


楽天市場 by ウェブリブログ



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
いや〜〜!!楽しかったね!
美味しかったね!おにぎり〜〜〜!!

やっぱ自然の中はいいよね〜〜!!
次回は私も夜遊びスタイルで向かいます。
(スエットですけど〜〜!!なにか?)
御狸&志穂
2008/10/22 19:45
>御狸&志穂さん

楽しかったですね!
夜遊びスタイルOKですよ(笑)
ヌーディストライフ
2008/10/23 01:04
貴方たちが入ったのは蒲原温泉の野湯じゃなくて姫川共同温泉源泉(ホテル国富・白馬荘・朝日荘が共同所有)です。残念でしたね〜。蒲原温泉の源泉は蒲原温泉すぐ下の所〜長野県側(河原の工事用橋・茶色)までに広がっていて、今、蒲原温泉源泉からの温泉を姫川へ排出してます。護岸工事を行っている為。河原にある青いホースから出ていますよ。蒲原温泉再会は3年後です。法面工事が終わって、姫川の堤防工事が終わり次第だ そうです。工事の進捗状況を見に来たら、温泉の復旧工事と法面・姫川工事の予想完成図を見せてくれました 。付け加えで、国土交通省と工事会社の許可を得ずに無断で入る馬鹿者のおかげで、一般人は完全に入れなくなりました。工事会社のパトロールと監視カメラ設置で。GWに入った人の一部が大量のゴミを捨てたそうです。
翡翠
2011/06/20 13:04

コメントする help

ニックネーム
本 文


現在の閲覧者数:
画像
スマホで温泉探しはココ!


混浴風呂のある温泉宿

夜遊びスタイルで野湯めぐり! ヌーディスト・ライフ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる