昔からヌーディスト大国だった日本!

画像
防災歳時記7月25日温泉場で混浴が許可された日

このニュースによると、もしかしたら「男女混浴」こそ、「黒船」というグローバリズムによって最初に消えた日本の伝統文化だったのかもしれないのだそうだ!。

開国によって縮小された文化は、鎖国によって取り戻すしかないのだろうか?

TPPより混浴を解禁して世界に打って出るのもいいのではないだろうか(笑)



人気ブログランキングクリック(TдT) アリガトウ♪



携帯でお店探しはココ!



画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

この記事へのコメント

ニジイロ
2013年08月11日 00:46
日本では、古来から温泉・銭湯は混浴でした。
江戸時代に幕府から何度も禁止令が出ましたが、女性側が男湯に入浴するため、すぐに混浴状態になってしまいました。
18世紀後半に正式に混浴禁止令が発令さえましたが、
地方では混浴は通常の事ととして近代まで、
続きました。

現在では、銭湯は殆どなくなりましたが、
女湯には、江戸時代の名残で刀掛けがあります。

これは、幕府は混浴禁止令を出しながらも
幕臣等には、女湯入浴が認められていて、
武士が刀を掛けておくために用意されたためです。

禁止令を出しながらも、武士には女湯入浴が認められていたわけです。

まぁ、長閑な時代でした。

                    以上

この記事へのトラックバック